ひと目で分かる「脱臭装置」選択ガイド 脱臭ナビ
Google
WWW 検索 サイト内を検索
 トップ > 表示項目の見方 > 評価チャートの算出方法
評価チャートの算出方法
評価チャートは、経済性、省スペース、脱臭性能、維持管理、信頼性の5項目から構成されており、各項目について、以下のような基準で1~5の範囲のスコア※を計算して表示しています。あなたの事業場における各項目の希望条件が何点になるのかを確認し、評価チャートを見るときの参考としてください。
※ 計算結果が5以上のときは5、1以下のときは1としています。

経済性

耐用年数をおおよそ10年と考えて、イニシャルコストを10で割り、これに年間のランニングコストを加えた1年間あたりに必要なコストで判定しています。ただし、処理風量が大きいほうが当然コストが高くなるため、この値を処理風量の平方根で割ることにより補正しています。

経済性=19-1.4×Ln(年間コスト/処理風量の平方根)
年間コスト:イニシャルコスト/耐用年数(10年)+ランニングコスト

経済性スコア・処理風量の平方根の早見表
表示項目の見方 経済性イラスト

省スペース

装置を設置するために必要なスペースを、脱臭装置のサイズ(幅・奥行・高さ)ではなく、装置を囲うケースやメンテナンスに必要なスペースを含んだ容積で判定しています。

省スペース=4-1.4×Ln(必要スペースの容積)
 
表示項目の見方 省スペーススコアの早見表

脱臭性能

脱臭装置による臭気指数の低減度から脱臭効率を判定しています。加えて、脱臭装置の出口での臭気指数が高い場合には 減点しています。判定には検討会立ち会いのもとでの実測調査結果を用いています。

脱臭性能
=(臭気指数の低限度による点数)-(出口臭気指数による減点)

臭気指数の低限度による点数:1/3×(入口臭気指数-出口臭気指数)
ただし、計算結果が5以上のときは5、1以下のときは1とする。
出口臭気指数による減点:(出口臭気指数/5)-5
ただし、計算結果が1以上のときは1、0以下のときは0とする。
表示項目の見方 脱臭性能スコアの早見表

維持管理

日常点検の容易さ、点検実施者、点検の頻度を総合して判定しています。

維持管理=(日常点検の容易さ+点検実施者+定期点検の頻度)/7×5
日常点検の容易さ 点検実施者 定期点検の頻度
不要
目視
洗浄・点検の頻度が1ヶ月以上
洗浄・点検の頻度が1ヶ月以下
表示項目の見方 =3
=2
=1
=0
ユーザー又は専門業者
専門業者のみ
表示項目の見方 =-1
=0
1 年以上
1 年以下
6ヶ月以下
表示項目の見方 =3
=2
=1

信頼性

検討会において評価した技術的な信頼性に納入実績を加味して判定しています。

信頼性=〔(技術的な信頼性×2)+納入実績〕/13×5
技術的な信頼性納入実績 納入実績
高い=5
 |
おおむね良い=3
 |
低い=1
表示項目の見方 =5
 |
=3
 |
=1
1 0 0 件以上
5 0 ~ 1 0 0 件
1 ~ 5 0 件
納入実績なし
表示項目の見方 =3
=2
=1
=0
このページの先頭へ

Copyright 2005 JAOE. All rights reserved.
公益社団法人 におい・かおり環境協会