ひと目で分かる「脱臭装置」選択ガイド 脱臭ナビ
Google
WWW 検索 サイト内を検索
 トップ  > 脱臭装置を選ぶ前に  > 覚えてほしいキーワード
覚えて欲しいキーワード
キーワード1 キーワード2 キーワード3
前処理装置とは?
油分や水分、煙、ダストなどを除去するための装置で、グリスフィルターや電気集塵機が代表的なものです。脱臭装置の前段に設置することから前処理装置と呼ばれます。臭気は、その発生過程で油分や水分を多く含んでいることがあります。そのまま脱臭装置に入ると、油分が付着して装置自体を油まみれにしてしまったり、水分が入って水浸しになってしまったりします。こうなると脱臭装置は本来の性能を発揮することができません。また、煙を多く含んでいると、脱臭装置だけでは十分に取りきることができません。このような事態を防ぐために、排出しているガスの性状によっては前処理装置を設置することが必要になります。
覚えて欲しいキーワード 覚えて欲しいキーワード

コストとは?
大きく分けて、初めにかかる装置の購入、設置のための費用(イニシャルコスト)とそれを維持管理するための費用(ランニングコスト)の2つがあります。脱臭方式によっては、装置価格が安くても脱臭フィルターなどの消耗品代や点検費用が必要となるものや、装置価格は高くても消耗品を必要としないものもあるので、購入時には両方のコストをチェックしましょう。また、コストは一般に処理風量が大きいほど高くなるので、コストの比較をする場合には処理風量も見ながら行うことが必要です。
覚えて欲しいキーワード 覚えて欲しいキーワード

必要スペースとは?
脱臭装置を設置するうえで必要なスペースは、装置本体を設置できる空間が必要なことはもちろんですが、さらに、ファンやダクトなどの付帯設備のためのスペース、装置の清掃や消耗品の交換に必要な作業スペースが必要です。導入時には、必要なスペースを確保できるかを確認しましょう。
覚えて欲しいキーワード 覚えて欲しいキーワード
このページの先頭へ

Copyright 2005 JAOE. All rights reserved.
公益社団法人 におい・かおり環境協会